新築一戸建ての外張り断熱の快適な機能とは

新築一戸建ての外張り断熱 夢のマイホーム、新築一戸建てを建てることになれば、そこでは様々な希望が出てきます。
例えば最も大きいのは間取りでしょう。
それぞれのフロアにどんな部屋がいくつ欲しいか。
そして広さはどれくらい欲しいか。
例えばできるだけ広いキッチンが欲しいと思うのは料理をする人にとってはかなり重要だったりします。
しかし、そんな夢いっぱいの新築一戸建ての中でも忘れてはいけないのが家の基本的な構造です。
基礎や柱、そして外壁や断熱構造は、丈夫な家を作るためや快適な生活を送るためには必須のものと言えます。
特に、断熱構造は冬は寒く夏暑い日本の気候においてはかなり重要です。
そんな断熱ですが、最近注目されているのが外張り断熱です。
これまでは柱と柱の間、外壁の内側に断熱材を詰める充填断熱が一般的でした。
では、外張り断熱はそういった工法と比較してどんな良いところがあるのでしょうか。
まず一つには、断熱性能の良さです。
重点断熱では柱のあるところで断熱材が途切れるので、柱を経由して熱が家の内部にまで伝わってしまいます。
外張り断熱は柱の外側に断熱材を張るので、より断熱性能が高くなることが期待できるのです。
また、空間を広く使えるという事もあります。
柱と柱の間の空間を使わないので、その分を室内空間として利用することが可能なのです。
これは少しの差ですが、実際に感じてみるとかなり広く感じるものだと言えます。
新築一戸建てを検討する際には、是非とも断熱の工法にも気を付けてみてください。

二世帯住宅にオススメな新築一戸建ての特徴とは

二世帯住宅にオススメな新築一戸建て 住まい選びの際に、二世帯住宅をすることを考えている人もいるでしょうが、そういった人に向いているタイプの新築一戸建ては、キューブ型の一戸建てです。
とはいっても、ただのキューブ型の新築一戸建てではありません。
この手の住宅の中には、2つの一戸建てを並列させる形で2戸建てるというタイプが存在するのです。
双子のように並んでいる姿はなかなか味わい深いもので、二世帯住宅で手と手を取り合って生活していくという人たちにはピッタリと言えます。
このタイプの住宅ですと、家同士の距離が近いですから、高齢者のいる世帯に何かあった時に、すぐ駆けつけることができるという良さがあります。
すぐ駆けつけられることを重視するのであれば、1つの家に一緒に住むという手もありますが、同じ建物の中で生活をしていくとなると、距離が近すぎるとことで干渉しすぎるといったことが起こりがちです。
すぐそばにもう1戸家があり、そこに住んでいるのであれば、プライベートな時間を大切にすることができ、なおかつ緊急時には迅速な対応ができますから、非常にバランスが優れていると言えます。
このタイプの住宅は、ローコストという形で建てることができますから、予算面で不安がある人でも検討する価値があります。

おすすめ新築一戸建て関連リンク

新築一戸建てや中古マンションなどの不動産が揃ってます!

金町 新築一戸建て